わきがの原因は、脇にあるアポクリン汗腺から
分泌される汗の匂いなのですが、この汗は普通の汗とは異なり、
脂質やたんぱく質を含んでいます。
そして、これらを細菌が分解する時に発する匂いが
いわゆる「わきが」の匂いなのです。

アポクリン汗腺の量は生まれつき決まっていて、
その量は遺伝で決まります。

食生活の欧米化により子供の成長が早くなり、
昔は思春期以降に発生していたわきがですが、
最近では小学校低学年でもわきがのお子さんが増えています。
そしてイジメへとつながる、悲しい現実があります。

親としては、我が子がイジメられるのは当然避けたいので、
わきがの手術をさせてでも、わきがを治してあげたいですよね?

でも、手術費用も保険適用されるのかも分からない・・

そこで、当サイトでは子供のわきが手術の費用や、
わきが手術が保険適用されるのか?また手術以外で、
わきがが改善しないのかを知らべてみました!

お子さんがわきがでお悩みのあなたの参考になれば幸いです^^

スポンサードリンク
  

子供のわきが手術の費用は?

まずは、どんな感じでわきがの手術が行われるかご覧ください。
(少々、血が出たりしますので苦手な方は見ないで下さい。)

あまり気持ちのいいものではありませんね^^;

これはクラドラカット法というわきがの手術で、
手術代は保険の効かない自費治療ですので、
30万円以上します。

お次はミラドライ施術というものです。

こちらはクラドラカット法よりは少し安くて
30万円弱ほど(あまり変わりませんね^^;)

両手術とも、手術代金の他にモロモロのお金が必要です。
(血液検査代や消耗品代)

ぶっちゃけ高いです・・。

子供のわきがの手術は保険適用されるの?

手術が保険適用になるか否かは、診察を受けたときに医師に、
「わきが体質」であると判断されなければいけません。

それがなければ、保険給付不適切と判断され
保険適用されないことがあるようです。

スポンサードリンク

基本的に保険適用される剪除法(皮弁法)でも、
医師にわきがと判断される必要があるので、
一つ目の病院でダメなら次の病院へと言った感じで、
保険適用の手術を受けたいのであれば努力が必要になる事もあります。

子供のわきがを手術以外で治す方法はあるの?

保険適用のわきが手術ができるとしても、
実費手術よりは安いとはいえ、そこそこの出費になりますよね。

それにわきが手術は、手法によっては
手術後に傷跡や色素沈着が残ってしまい、
特に女の子にはおすすめしにくいものがあるのも事実です。

では、手術以外でわきがを治す方法はないのか?ですが、
完治とは言いませんが抑える方法でしたらあります。

一つは「汗っかきの匂いは臭い!?原因と改善方法!
の記事でご紹介した、ミョウバン水を使う方法です。

記事中にも記載していますが、ミョウバン水が匂いの原因である
雑菌の繁殖を防いでくれ、また殺菌作用があるので
わきがの匂いをかなり防ぐ事ができます。

他には、口コミでも評判のいい
わきが専用デオドラント「ラポマイン」を使う手もあります。

アットコスメのデオドラント部門でも急上昇ランキング1位を取っており
人気のわきが対策デオドラントです。

ラポマインは、一応女性向けに販売されていますが、
子供からお年寄りまで使えるよう、低刺激の成分を使用していて、
お肌の弱い方でも安心な無添加です。

90日間の返金保障もありますので、
ダメ元ででも試してみる価値はありますね!

まとめ

わきがは、周りの人もそうですが、
何より本人が一番辛いです。

それが子供ならなおさらのこと。
子供って残酷なもので、躊躇なくイジメに発展してしまいがちです。

自分の子供が、わきがであることによってイジメられている。
その子のせいでもないのに。。

そんなのは管理人には我慢できません!

お金も知識もない子供の為、あなたの子の為に、
親のあなたができる事をしてあげられればと思います。

スポンサードリンク